数検の2級を目指している高2のT君

T君は数学が、いや、数学だけが好きな高校2年生である。

1年生の時に数検の準2級を取り、現在は2級を目指している。

週1回、塾に来てアップ5を解いて帰る。

学校の数学のずっと先を進んでいるので授業は復習にすぎない。

黙々とアップ5を解き続けて、

帰る。

 

楽と言えば楽な生徒なのだが、

質問をひとつもせずに90分が過ぎるので、こちらが手持ち無沙汰になる。

手持ち無沙汰すぎて…

「T君、何かわからない所ないの?」

「大丈夫です。プリントに全部書いてあるので。」

「そ、そうか。」

 

何もせずに1万5千円を頂戴するのは、しかし心苦しいのである。

「T君、何かないの?」

「大丈夫です。」

 

数学が得意な生徒にとっては、ひたすら解き続けられる時間が心地よいのだろう。

わかる、わかるけれど、何か教師らしいことをさせて欲しいとも思う。